初めての方にご案内

お問い合わせからの流れについて

電話,FAX,メールにてのお問い合わせ ⇒ お客様のご希望に合った連絡方法、日時をご指定下さい。

ご契約の流れ

お問い合わせ

担当者が現地にお伺いし、現地調査、診断を行います。
不具合箇所の把握や施工範囲などの確認をさせて頂きます。
状況確認を行いながら、アドバイス・プランニングを行います。

お見積もり

御見積書を作成し、ご依頼頂いた物件の所見と改修仕様をご報告いたします。
その時、お客様の質疑や要望にお応えしていきます。

ご契約時の流れ

ご契約

御見積書に基づいて、施工内容、材料及び色彩、施工期間、工事代金、支払内容を決定します。
ご契約成立後、工程表を作成し工事の流れについて説明致します。
材料など資材調達を行い、工事の準備を行います。
工事準備期間には、御入居者様や御近隣様へご挨拶させて頂きます。
役所など公的機関に必要書類を提出致します。

工事施工時の流れ

工事着工から完了までは、概ね下記のように進行していきます。

足場設置工事

足場設置工事においては、養生ネットで覆い、塗装時の塗料の飛散や高圧洗浄時の汚水の飛散を防止します。
足場工事の際、建物周りにある植栽や荷物を移動したり、移動できない物に関しては入念に養生を行い作業します。

外部高圧洗浄工事

高圧洗浄機を使用し、物件の埃、汚れ、カビ、コケなどを入念に洗い流します。
一般外面においては水洗いを基本としますが、タイル面では薬品洗浄を行うこともあり、ご契約時にご提案させていただきます。

開口部(非塗装面)養生工事

通路・ベランダの塗装を行う時は、窓やドアを塞いでしまうため使用ができなくなる場合がございます。
ご迷惑のかからぬよう、できる限り最短で済ませるよう努めてまいります。
掲示板などを活用し、内容をお知らせします。 (集合住宅に限り)

下地補修工事

ディスクサンダー等の電動工具やスクレーパー、サンドペーパー等の手工具を使用し、錆や劣化した旧塗膜などを入念に除去します。
外壁のひび割れなどは補修材により補修します。
爆裂など大きな欠損部分においてはモルタル補修を行います。
塗装工事において建物の塗料の耐用年数を長持ちさせる一番の秘訣は下地処理を入念に行うことです。
疎かな下地処理では塗装工事の致命傷となり、耐用年数の短期化の原因となり得るので、想定以上の時間を要する場合があることをご理解下さい。

外壁塗装工事

外壁工事では軒天塗装を先行し、壁面・屋根塗装へと進んでいきます。
弊社におきましては、施工仕様に準じて下塗り、上塗りと進んでいきます。
塗装仕様に関しては、当HPの塗料案内における適用下地、適用用途を参考に事前打合せにて決定した材料を塗付していきます。

雑塗装工事

外壁塗装工事の完了後に雨戸、戸袋、その他鉄部などの付帯部の塗装工事を進めてまいります。
塗装仕様に関しては、当HPの塗料案内における適用下地、適用用途を参考に事前打合せにて決定した材料を塗付していきます。

各所点検手直し

物件全体の塗装工事が完了した時点で、各所点検を入念に行います。
手直し箇所は発見次第すぐ手直し致します。
塗装工事適用範囲外において、ビスの緩みなどの異常箇所についても可能な限り対応し、手直し致します。

完了検査

工事完了の報告を受け、弊社責任者が責任をもって社内検査を行います。
この段階までの完了の承認をして足場解体工事に移行します。

足場解体工事

当然のことですが、足場解体時は組立時以上に事故等が発生する可能性が大きいため、安全作業に徹します。
足場内で完了検査を行いますが、足場解体時に資材で傷をつけてしまうなど不慮の事故もないとは言えません。
また近距離から確認するのと足場が無い状態で確認するのでは見栄えも違ってきてしまうこともあるため、足場解体中も順次、点検しながら解体作業を行います。
足場解体に伴い、養生も撤去し、施工前に移動したものを復旧し、全体の清掃を行います。
物件周辺も工事前より工事後の方が綺麗に!という信念で行います。

工事完了確認

その後、再度社内検査を行い、初めて工事完了を報告させていただきます。
お客様と弊社立会いの上、引渡し前の工事完了確認をしていただきこれで工事完了となります。

完了報告書

全工事が無事に完了した旨を工事完了として報告致します。
工事完了報告書を提出し、お引き渡しに伴う点検、確認の承諾印を頂きます。御入居者様や御近隣様へ工事完了の挨拶をさせて頂き、問題が無かったか確認させて頂きます。

工事完了後の流れ

請求書

工事完了報告書の承諾を得て、速やかに請求書を発行致します。
振込又は集金にて工事代金をお支払ください。

保証書

工事代金のお支払完了後、品質保証として内容に応じた保証書を発行致します。

アフターサービス

保証書の内容に応じたアフターサービスを行います。
できる限り柔軟な対応にてアフターサービスしていく所存です。
今回の工事の不具合だけでなく、ご質問など些細なことも伺いますのでお気軽にご相談ください。
この工事完了がお客様との本当の末永いお付き合いの始まりだと思います。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

以上のような流れで進行していきます

工事単価について

どうしてこんなに値段が違うのかな? 
使用する材料の名前も違うし 保険料や現場管理費など項目も違うしなどと疑問に思った方が多数いますので、簡単にご説明します。

建築現場というものは、立地条件から施工する期間(季節)など、塗装工事だけにかぎらず、様々な状況から常に変わってきます。建物の劣化状況や、お客様のご要望に合わせて、施工方法も材料のグレードなどによっても変わってきます。いくら同じ様な規格でも、取り扱うメーカーによってもかなりの開きがあります。

また、施工する会社によって提案する工法も変わりますし、材料の仕入れ先も違うので卸値も当然、変わってきます。
材料を仕入れする量にしても、大量に仕入れをしていれば、多少なりとも単価は安くなります。

工事単価について

気温・天候

次に施工する季節についてですが、塗装工事に適しているのが春~秋にかけて行うのが一番良い時期だと思います。その期間中には梅雨や台風の時期も入ってはいますが、作業効率は非常に上がります。

特に施工するにあたって冬季の場合、日照時間も短くなり必然と労働時間も縮小されることになります。
また気温も低いので、乾燥時間にも影響し、工程にもロスが生じる事があります。

この気温についてですが、塗装工事や防水工事を行う際にはとても重要なことで、基本的には気温が5℃以下では施工を避けて下さいと、メーカーさんから告知されていますので、良い品質を保つ為にはどうしても厳守しなければならない条件のひとつなのです。

当然、降雨や降雪などの悪天候では行うことはありませんが、強風が吹いている時も作業は避けたい要因のひとつです。
強風の中での工事では、養生を行うにも余分な手間が掛ることも多く、塗装を行えば塗料が飛散する恐れが非常に高くなりますので、通常よりもペースダウンになってしまいますし、品質の低下にも繋がります。安全性についても、作業員や第三者の方にも危険を招くことになりかねないので、控えた方が賢明かと思います。

業界を取り巻く状況

それでは少し違う角度から申し上げますと、原油の高騰・円高や円安などの変動によるインフレやデフレでの物価の影響。
それに加え、度重なる税率引き上げや、保険料の引き上げによる影響など、いろんな要素が絡んできています。

この建設業界では、特に厳しい他社との競争の中で、仕事を確保しながら行われている訳ですが、会社の規模や経営方針によっても、かなりの差が生じてしまうのが現状です。

業界を取り巻く状況

事務所などを持たない個人経営の方と、事務所を所有している会社では、経費の掛り方にも違いがあります。
家賃や通信・光熱費は勿論の事、事務員や営業マンを採用されている会社であれば、その方達の給与も捻出しなければなりません。

それに加えて、社会保険料・厚生年金・労災保険・雇用保険など各種の保険料が必要になってきます。
この保険料については、先程申し上げました通り、会社の経営方針によって違いがありますから一概には言えませんでしたが、平成24年11月1日に国土交通省が新たに発令した社会保険の加入が義務付けられましたので、建設業の許可証を取得されている会社、または新規に取得される会社では社会保険の加入が絶対条件のひとつになりましたから、今後からは導入が進んで行くかと思います。

この社会保険の導入については、見積りの格差を少しでも解消するには良い方法だと思います。
本来ならば、会社を経営していれば加入していて当然の事なのですが、実際の所、建設業界では元請け会社として機能している会社の場合は当然、加入されているとは思いますが、下請会社や孫請け会社などの加入率については、かなり低いのが現状です。

然し、これらの保険については、経営者としての義務であり、社員を守る為には絶対に必要な経費なのです。
しっかりとした経営をされている会社と、何もされていない会社とでは、見積りの格差が生じてしまうのは当然のことです。

また建設工事をする際に必要な、資格や免許なども取得させなければならないので、普段では見えない経費などが掛っているのです。大手企業さんを含め、優良企業さんは、そういったことに対してもしっかりとされていますので、無許可営業などでされている所とでは、見積単価にも影響されてしまうのも、理由のひとつなのです。

始めに申し上げました様に、建設工事というものは、季節や天候にも左右されたり、建物の状況などにもかなりの差が生じてしまうのです。

それからもう一点付け加えるなら、ゼネコン企業さんや大手ハウスメーカーさんにご依頼すると中間マージンが発生するという事です。施工をするのはあくまで、私達のような下請業者が行うという事です。
お施主さんが直接、業者さんにご依頼すれば、少なくとも中間マージンだけはカットする事が出来るのです。
一概には言えませんが、きちんとした所で頼めば、保証期間やアフター面などに関しては安心出来るかと思います。
そういった事情も含めて、お見積りの違いをご理解して頂きたいと思います。

見積額計算について

基本的な見積書の内訳は下記の通りになります。
基本的な見積書の作成には下記の構成によって行われます。

見積金額の計算式

※小規模な工事や個人経営の方は一般管理費などが記載されてないことが多いようです。

私から一言申し上げますと、ただ値段が安いだけで、決めるのだけは避けた方が良いかと思います。
当たり前のアドバイスなのですが、地元の業者さんを調べて、お客様から業者さんにご依頼された方が確実に良い結果が出ているかと思います。そして出来れば一度は業者さんの会社に出向いて、打ち合わせなどをされると、より効果的です。(詐欺防止の為にも)
そして工事代金というものは、けっして安い買い物ではありませんので、何社かに見積りを取って頂いて、施工内容をよく確認してから依頼することをお奨めします。

HOME
初めての方へのご案内
一般住宅の塗替え
アパート・マンション
店舗・工場などの企業様
塗料案内
工事に関する用語
施工事例
お問い合わせ

topics

企業情報

フジ塗装工務店株式会社

〒455-0804
愛知県名古屋市港区当知3丁目
2301番地

FAX : 052-384-1579

営業時間:平日AM9:00~PM6:00

tel:052-384-1359

ページの先頭へ